1. とっぷ
  2. 製作
  3. picToMCF

picToMCF - Minecraft地上絵作成支援ツール

 Windows用アプリです。サンドボックスゲームの代表作、Minecraftでコマンドを使って地上絵を作りたい方の為に 役立つかもしれないツールを作成しました。詳しい使い方は前回同様上のスクショ画像に解説動画へのリンクを貼ってあるので、 そちらからご確認ください。


アプリのダウンロードはこちら↓

Download
    修正履歴
  • 2/24 Minecraft1.12、1.13以降のどちらにも対応できるよう出力オプションに項目を追加しました。

 動画を見たくない方のためにアプリの内容をざっくり説明すると、お好きな画像をフォーム上にドラッグ&ドロップすると、それをマイクラ上で 羊毛を使った地上絵として再現するためのコマンド群に変換し、テキストファイルに出力する、というものです。

 マイクラの羊毛ブロックは16種類あるので、それらの色で再現できるようにまず画像に減色処理を施します。

 改善したい点ですが、16色だとちょっと画像の再現力がいまいちなので、できればもっと沢山のブロックを使って表現できるようにしたいところです。 ただ数百種類もあるブロックのRGB値を抽出したりID名を抜き出したりの作業を真面目にやるとすごい手間なので、その辺を効率よく出来る方法が見つかればやってみようかなと思います。

 画像を減色する過程で、画素それぞれについて、マイクラで表現できるうちでもっとも近い色を探しているわけですが、処理を効率化するため、 その辺の最近傍探索アルゴリズムも見直した方がいいかも知れません。今んとこ適当にfor文で順番に見てるだけなんで・・・

 動作環境についてですが、あいにくWindows10でしか動作確認をしておりません。7やVistaでも動いたよ、動かなかったよという方居ましたら、 解説動画のコメントで情報をくださればと思います。本サイトの日記帳は、正直放置気味なので、書き込まれても気が付かないかもです。